お知らせ一覧


HOSOCCER JAPAN【公式サイト】


HOSOCCERはスペインを本部に全世界30カ国に展開しているゴールキーパーメーカーです。スペイン国内では50%以上のシェアを誇り、主要欧米リーグの有名選手を多くスポンサードしています。

また、HOSOCCER JAPANは、本国HOSOCCER Internationalのブランド力を維持し、日本国内のゴールキーパーのレベルの底上げを使命に様々なイベントなどもを手掛けています。

また、私達HOSOCCER JAPANのビジョンは、日本国内のゴールキーパーのレベルを上げるために様々なジャンルの皆様と良きライバル関係を保ち健全なサービスをもって国内へ展開していきます。

2018年より発売となった最新モデル「SUPREMO」(スプレモ)は、軽量のキーパーグローブで、手のひらの内側にシリコンが散りばめられています。より安定したフィット感を提供します。

そのほか、NEWカット(手の形)の「コンタクトエボリューションカット」にもご注目ください。指股を立体的に縫製し、ボールへの接地面を限りなく広げ、キャッチングをサポートします。

2019年春夏モデルより、スペイン女子代表のサンドラパノス選手着用モデルを発売。「コンタクトエボリューションカット」と「インサイドシリコン」によるフィッティングに絶賛の声をいただいている最高の商品です。

↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(3分15秒)

アクアフォーミュラグリップは、2014年ワールドカップ ブラジル大会・2018年ワールドカップ ロシア大会でも実際に使用されたHO SOCCER最高のグリップとなります。もちもちしたクッション性、多少グローブが破けても持続してグリップ力をキープできる優れたパームです。

アルゼンチン代表のウィリーカバジェロ選手・スペイン女子代表のサンドラパノス選手など、ヨーロッパ多くのトッププロが使用する最上級のグリップとなります。


下記よりアクアフォーミュラグリップの実際のグリップ力をご覧ください。
↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(1分26秒)


商品一覧 HOSOCCER JAPAN


SUPREMO PRO II ROLL NEGATIVE PACIFIC GREEN
SUPREMO PRO II ROLL NEGATIVE PACIFIC GREEN
16200円
SUPREMO PRO Ⅱ ROLL NEGATIVE BLACKOUT
SUPREMO PRO Ⅱ ROLL NEGATIVE BLACKOUT
16740円
ESKUDO ROLL NEGATIVE
ESKUDO ROLL NEGATIVE
13500円
ESKUDO ROLL GECKO
ESKUDO ROLL GECKO
13500円
SSG SUPREMO II ROLL NEGATIVE PACIFIC BLUE
SSG SUPREMO II ROLL NEGATIVE PACIFIC BLUE
10692円
ONE NEGATIVE STORM BLUE
ONE NEGATIVE STORM BLUE
8100円
ONE KONTAKT EVOLUTION ORANGE SPARK
ONE KONTAKT EVOLUTION ORANGE SPARK
7560円
ONE FLAT TURF BLACK LEGEND
ONE FLAT TURF BLACK LEGEND
7344円
CLONE SUPREMO II NEGATIVE PACIFIC BLUE
CLONE SUPREMO II NEGATIVE PACIFIC BLUE
5940円
CLONE SUPREMO II NEGATIVE BLACKOUT
CLONE SUPREMO II NEGATIVE BLACKOUT
5940円
ONE SHIN GUARD (2個セット)
ONE SHIN GUARD (2個セット)
2268円
Glove glu MEGA Grip Formula 120ml
Glove glu MEGA Grip Formula 120ml
2700円
Glove glu Goalkeeper Formula 120ml
Glove glu Goalkeeper Formula 120ml
1728円
Glove Wash & Prepare 120ml
Glove Wash & Prepare 120ml
1404円
Glove Fresh 120ml
Glove Fresh 120ml
1404円


HOSOCCER 各商品はこちらから

>>>HOSOCCER 各商品はこちらから




グローブネーム加工 世界でただ一つのオリジナルGKグローブ!


キーパーグローブのネーム加工のお問い合わせを多くいただきます。
こちらの動画を見ていただくと、グローブのネーム加工のシーンをご覧いただけます。
世界で一つのあなただけのグローブをお作り致しますので、ぜひこちらのサービスを一度利用してみてください。

↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(1分51秒)


グローブのケア・お手入れ方法をご紹介


ご質問をよくいただく、グローブのケアとお手入れ方法について動画で詳しく解説しております。
こちらの動画を見ていただくと、グローブのケアやお手入れ方法の仕方がよく分かると思います。
ぜひ一度ご覧になってみてください。

↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(3分41秒)


全てのゴールキーパーが手にしたいキーパーグローブ


4年前に日本に登場したHO SOCCERは2014年ワールドカップで着用されていた。FC琉球にも在籍していたアルジェリア代表のライス・エムボリをはじめ、ポルトガル代表のベトやアルゼンチン代表のウィリー・カバジェロなど、多数のゴールキーパーがワールドカップで着用していた。


2014年のワールドカップでは唯一日本に発売のないキーパーグローブだった。ワールドカップで使用されるほどの素晴らしいグローブを日本で広めたいと思った。

そしてワールドカップが終わり、初めてサンプルが日本に到着した。グローブに初めて手を通した時、今までにはないフィット感を感じた。


それ以降、日本では多くのゴールキーパーに愛用されるまでになった。プロ仕様のキーパーグローブでは、やはり高いグリップ力が魅力だ。


常に変わる公式球は、晴れの日・雨の日など天候により様々に変化をする。
その中で、乾燥状態・雨天潤湿でも優れたグリップ力を発揮する。
4ミリパームの絶妙な厚みでクッション性も高い。

使い続け、多少破れた時でもグリップ力が低下しづらいと高評価をいただいており、長くグリップ力を維持し続けるのも特徴の一つ。

↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(3分35秒)


また、HO SOCCER独自機能として、二重ストラップがある。手首部分は多少長めに作られている。これは手首を安定させるためであり、手首部分が短いとガボガボして中ズレを起こす原因となる。

そこでHO SOCCERではマイクロストラップ3Dという、特殊GELを使って二重で手首部分を締め付けることにより、キーパーグローブのズレを抑え、フィッティングを向上させてくれる。


また、イカルスモデルでは、手首部分に強度があり、耐熱性や耐寒性にも優れているネオプレンというウェットスーツなどで使用される高品質の合成ゴムを使用し、キーパーグローブの手首部分の縫い目をなくした。

それにより、本来人間の手首の柔軟性を損なうことなく、自由に動かせる柔軟性も兼ね備えることに成功した。


手のひら部分ではパームと注目してほしい部分がもう一つ。アンチアブレイションシステムといい、手のひらの摩擦を軽減するシステム。


一番破ける部分の摩擦の軽減を行いつつ、手のひらに沿った形状でフィッティングを向上させる役割も持つ。指先の部分に目を向けると、様々なキーパーグローブのカッティング(手の形)がある。特に人気なのが、ロールネガティブカット。


親指・人差し指・小指がロールフィンガーで巻いており、中指・薬指はネガティブカットと言い、内側で縫製されている形。

特にボールの球体に対してどこででもボールと設置できるロールフィンガーが採用されつつ、ボール中央付近はネガティブカットでストレートにボールに接地できる。

ロールフィンガーとネガティブを融合したハイブリットカットは日本はもちろん、ヨーロッパでも人気の高いカット。

そのほか、ロールGECKO(ゲッコー)カットでは、ロールネガティブカットと同じく親指・人差し指・小指がロールフィンガー、そして中指・薬指が特殊なGECKOカットになっている。


実はこのGECKO、「ゲッコー」→月光の月のところからきているカッティングだ。


指の第一関節まで縫われており、指の横ずれを防止。
そしてそこから指の付け根まで細くなっており、指の形状を再現。
キュッとしまった指先がフィット感を向上させてくれる。
他社が真似をするのも納得だ!

そのほか、ヨーロッパではエルゴロールフィンガーという全てがロールで巻かれているカットも人気。


実はエルゴロールフィンガーは通常のロールフィンガーと違い、かなりタイトな作りになっている。キーパーグローブと指の空間が空けば、それだけグローブと指がズレてしまうが、その心配はない。

そのほかにもグローブのカッティングがあるので、自分の手に合うカッティングをぜひ探してほしいと思う。また、その手の形にも注目してほしい部分がある。それは小指の付け根の下側部分。

↑中心のボタンを押すと再生されます。音が出ますので注意してください。(1分21秒)


プロ仕様のモデルでは小指外側部分はストレートになっていない。その理由は小指部分を絞ることで小指が球体部分へ向くことができる。小指がストレートのキーパーグローブはそのまま真っ直ぐに指が曲がるため、ちょうど縫い目部分がボールに設置してしまう。

それがキャッチミスが起こる原因だ。これを解決するためにグローブひとつ一つに丁寧に切れ込みを入れている。

プロ仕様のHO SOCCERのキーパーグローブを手にした瞬間、今までの感覚が変わるだろう。グリップ力・フィット感・カッティングなど、トッププロの意見が多く取り入れられている。

2018年ワールドカップでも着用されたHO SOCCERのキーパーグローブは、2014年からさらなる進化を遂げる。





更新情報




キーパーの技術を上達するためのメールマガジンを配信中!




友だち追加



日本のゴールキーパーのためにメールマガジンを発行!もちろんGKテクニックや練習法からお得なHOSOCCER情報まで、日本のGKプレイヤー必読のメールマガジンです。上記ラインQRコードより、簡単に登録が出来ます。有益な情報を随時お伝えしていきますので、ぜひ登録してみてください。


キーパーの技術が上達する方法をご紹介!中山英樹公式サイト


>>>キーパーの技術が上達する方法をご紹介!中山英樹公式サイトはこちらから



キーパーの技術が上達する方法を具体的に中山英樹がお伝えしています。「技術に伸び悩んでいる」、「どんな練習をすればいいのか」など、プロの視点から適切にアドバイスしています。キーパーの技術を上達したい方は、ぜひ一度ご覧ください。


Facebook、Twitterでもお得な情報を配信中!



Facebook

twitter







上に戻る