VIPER

詳細画像

 

商品情報

型番50.6036
定価1,944円(税込)
販売価格1,944円(税込)
商品カテゴリプロテクター
発売時期2017年1stモデル
カラーイエロー

VIPERの商品説明


レガースが新たに登場!

シンプルはデザイン、クッション性がよく、動きやすさを実現!

サイズ:S・M・L


シンプルなデザインのレガース!軽量で使いやすさを追求!


シンプルなデザインのレガース、ヴェイパーが登場!


日本サッカー協会の競技規則によると、競技者(プレーヤー)が身につけなければならない基本的な用具の一つに「すね当て」があり、「適切な材質でできていて、それ相応に保護することができ、ソックスで覆われていなければならない」とある。

ゴールキーパー、フィールドプレーヤーを問わず、レガースは選手にとっての必須アイテムと言える。ユニフォームやパンツ、ソックス、スパイクとともに、レガースも「試合の時には絶対に着用しなければならないもの」なのだ。一方で「適切な材質」、「それ相応に保護することができ」など、素材や形状、色などに対する明確な規定はない。それぞれのプレーヤーが、自分の好みに合わせて選び、使うことができるのもレガースの特徴と言えるだろう。


相手選手と激突する衝撃に合わせて大きめで堅い材質のレガースを着用する選手もいれば、大きいものだと速く走れなかったり、気になったりするという理由で、小さくて軽く、ソフトな素材のレガースを使う選手もいる。アンクルガードと一体型になったレガースもある。


このヴェイパーの特徴を一言で表すと、「ごく一般的なレガース」ということになるのではないだろうか。

表面は硬いプラスチック素材でできていて、すねへ直接の打撃を防ぐことができる。また、足に接地する面は柔らかいEVA素材。すねの形になじみやすく、厚さが5ミリあるので、多少の衝撃ならしっかり吸収してくれるだろう。


耐久性があり、なおかつ軽いので、汎用性は高いと言えるのではないだろうか。

サイドの部分には上下に3カ所ずつ、合計で12カ所に通気孔があり、着用してプレーした時の蒸れを軽減してくれる。


また、マジックテープで固定するバンドも備わっていて、足に巻いて留めることができる。レガースは基本的にソックスの中に入れるだけのものなので、中でズレたり、衝撃で飛び出したりしてしまうことがある。バンドで足に固定しておけばそういった事態を回避できる確率が高まり、レガースのズレをあまり気にせずにプレーすることができる。


一方で、「バンドで締めつけられるのが嫌い」というプレーヤーもいるだろう。確かに、ふくらはぎの筋肉を締めつけることになるので、足に力を入れづらくなることもあるだろう。「レガースはいい感じだけど、このバンドはいらない」という場合は……バンドを根元から切ってしまうのも一つの方法だ。


カラーリングは今回、紹介しているイエローのみだが、サイズはS、M、Lの3種類を用意している。Sはシンガード最長部、つまり縦の先端から最下部までの長さが18.0センチ、Mは20.5センチ、Lは22.0センチとなっている。SとLでは4センチの差があるので、自分の足にフィットするもの、使い心地のいいものを選んでほしい。


なお、このヴェイパーはプロのサッカー選手も使用している。「HO SOCCER」とゴールキーパーグローブのサプライヤー契約を結んでおり、2018シーズンはJ2のアビスパ福岡でプレーする山ノ井拓己選手は、ヴェイパーのSサイズを使用しているという。つまり、プロ選手のトレーニングや試合でも使える、高いクオリティーを備えたレガースであると言えるだろう。


試合では着用が義務づけられているが、練習中の接触によるケガを避けるという意味でも、日ごろからレガースを着用してのトレーニングをオススメしたい。プロサッカー選手も着用するヴェイパーは、試合、トレーニングの両方で使用できるレガースだ。「HO SOCCER」のゴールキーパーグローブが気に入って普段から着用しているプレーヤーは、レガースもブランドを合わせて使用してみてはどうだろうか。


カスタマーレビューはこちら


レビューを見たい方はこちら


キーパーの技術を上達するためのメールマガジンを配信中!




友だち追加



日本のゴールキーパーのためにメールマガジンを発行!もちろんGKテクニックや練習法からお得なHOSOCCER情報まで、日本のGKプレイヤー必読のメールマガジンです。上記ラインQRコードより、簡単に登録が出来ます。有益な情報を随時お伝えしていきますので、ぜひ登録してみてください。


キーパーの技術が上達する方法をご紹介!中山英樹公式サイト


>>>キーパーの技術が上達する方法をご紹介!中山英樹公式サイトはこちらから



キーパーの技術が上達する方法を具体的に中山英樹がお伝えしています。「技術に伸び悩んでいる」、「どんな練習をすればいいのか」など、プロの視点から適切にアドバイスしています。キーパーの技術を上達したい方は、ぜひ一度ご覧ください。


Facebook、Twitterでもお得な情報を配信中!



Facebook

twitter






上に戻る